上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    以上で、記事は終了です☆ご愛読ありがとうございました。

    スポンサーリンク



    以下は新着情報だよ。
    以下のニュースを読みました。
    考えてみれば、寝ているときも食事中も、さらにはトイレの中にだって持っていく携帯電話。そんな携帯電話は、実はトイレの便座や靴、ドアノブよりも、はるかに多くの細菌が繁殖しているのです。

    汚れを意識していない方は、一度も消毒したことがないのでは!?

    細菌の中には、黄色ブドウ球菌が含まれていることもあって、体の中に入ると肺炎などを引き起こすこともあるというから驚きです!
    http://beautystyle.jp.msn.com/news/beauty/biranger/%e5%8d%b1%e9%99%ba%e3%81%a0%e3%81%8b%e3%82%89%e7%b5%b6%e5%af%be%e3%81%ab%e3%82%84%e3%82%81%e3%81%a6%ef%bc%81ng%e3%81%aa%e6%90%ba%e5%b8%af%e9%9b%bb%e8%a9%b1and%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9

     

    あわせて確認。

     

    黄色ブドウ球菌は人体の皮膚表面、毛孔に存在する。特に鼻腔内に存在する常在細菌であり、約30%~100%のヒトが保有していると言われる(諸説あり)。ヒトの皮膚に常在するブドウ球菌の中では毒性が高く、他のブドウ球菌では健常者に対して病気を起こさない(ただし日和見感染を起こすことはある)のに対し、黄色ブドウ球菌は健常者に対しても病気を起こしうる。ただし黄色ブドウ球菌も、健常者では通常の生育場所である皮膚表面や鼻腔などでの増殖自体が発病につながることは少なく、創傷部などから体内に侵入した場合に発病することが多い。感染力は強い部類に属するが、菌が少なければ通常その毒性は弱い。
    黄色ブドウ球菌 - Wikipedia

     

    ちょっと、もやしもん、とかを思い出してしまいますね。。。


    もやしもん(2) (イブニングKC (126))

     

    黄色ブドウ球菌に関して、Wikiから引っ張ってきましたが・・・まぁ。なんというか、元ニュースでは過剰反応し過ぎな気がしますが・・・。

     

    本当にトイレより汚い・・・であるなら、大腸菌とかを引っ張ってきて欲しいところですが・・・まぁ、トイレには、そんなにいないのかな?

     

    いない訳がない・・・ように思えますが・・・。

     

    でもまぁ。トイレとか、どこでも持っていくのに、消毒とか、はたまた、天日干しとかしないのは、事実なので・・・まぁ、汚いっちゃあ、汚いのでしょうねぇ。えぇえぇ。

    以上で、記事は終了です☆ご愛読ありがとうございました。

    スポンサーリンク



    以下は新着情報だよ。

    コメント

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     | BLOG TOP | 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。